携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第3編 会社分割の税務実務

第2 分割当事会社の法人税の取扱い
3 純資産の部の取扱い
(3) 適格分割型分割の場合

適格分割型分割の場合には、分割法人から分割承継法人へ簿価で資産負債の移転を行うとともに、利益積立金額の移転も行われます。したがって、分割法人が決定した減少資本金額、移転する利益積立金額相当額(分割前利益積立金額×移転する資産負債の簿価純資産額÷分割法人の分割前簿価純資産額、により計算した金額)、及びその残額である資本金の額以外の資本金等の額の合計額が分割法人の純資産の部から減少します。
分割承継法人においては、分割法人から移転を受けた資産負債の純資産価額のうち、分割承継法人が会社法の規定により資本金として定めた金額が増加資本金額となります。利益積立金額は分割法人が減少させた金額をそのまま引継ぎ、移転を受けた純資産価額の残りの価額が資本金の額以外の資本金等の増加額となります。