携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第3編 会社分割の税務実務

第2 分割当事会社の法人税の取扱い
3 純資産の部の取扱い
(1) 適格分社型分割の場合

適格分社型分割の場合、分割法人は分割承継法人へ簿価で資産負債を移転し、その対価として分割承継法人から分割承継法人の株式をその簿価相当額で取得します。したがって、分割法人の純資産の部に変動はありません。
分割承継法人においては、分割法人から移転を受けた資産負債を簿価で計上するため、簿価純資産価額相当額が増加します。分割承継法人が資本金の額として計上しなかった増加簿価純資産額は、資本金の額以外の資本金等の額として計上されます。