携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第1編 会社分割の法律実務

第2 会社分割の概要
1 会社分割の類型

会社分割とは、株式会社又は合同会社(分割会社)が事業に関して有する権利義務の全部又は一部を、分割により、他の会社(分割承継会社)に包括的に承継させる組織法上の行為をいいます。分割承継会社が分割により新しく設立される場合を「新設分割」といい、既存の会社が分割承継会社となる場合を「吸収分割」といいます。また、旧商法には、物的分割(分社型分割)と人的分割(分割型分割)の区分けがありました。分割承継会社の株式を分割会社に割り当てる場合を物的分割、分割会社の株主に割り当てる場合を人的分割といいました。会社法では、分割会社にのみ割り当てることとなりましたので、従来の人的分割という形態は制度上はなくなりました。ただし、分割会社に一旦株式を交付した後、それを分割会社が剰余金の配当という形で株主に分配することにより、従来の人的分割と同様の効果を得ることができます。